青森県の本

172件の商品があります。

表示形式 : 商品説明つき画像一覧
表示件数 :
1,100円(本体価格1,000円)

1,100円(本体価格1,000円)

1,100円(本体価格1,000円)

筆者が外食産業創業期に垣間見た創業者の姿からの学びです。
陸奥新報にて2012年から連先された「日曜随想」をまとめたものです。

1,100円(本体価格1,000円)

1,100円(本体価格1,000円)

漁師の父を海で亡くした少女・由(ゆう)は、貧しいながらも懸命な努力によって大学に進学。
演劇サークルに入部した彼女が出会ったのは上級生・直之と、彼が書いた脚本「鬼面舞」だった。
津軽、函館を舞台に”生きていくことの孤独”を描いた純愛小説。

1,100円(本体価格1,000円)

1,100円(本体価格1,000円)

1,080円(本体価格982円)

ついに出た! 青森県最強バッチャとドジな嫁が繰り広げるぶっ飛びエッセイ
マンガも6ページに増量

1,100円(本体価格1,000円)

1,320円(本体価格1,200円)

1,320円(本体価格1,200円)

1807年、津軽藩の蝦夷警備隊が斜里に任務に就くが、寒さと栄養不良から浮腫病になるものが続出し多くの死者を出した。実在の人物、斉藤文吉が書き残した「松前詰合日記」に基づく歴史小説。

Copyright (C) 青森県図書教育用品株式会社 All Rights Reserved.