佐藤泰志をさがして 「幻の作家」はいかにして復活したか?

佐藤泰志をさがして 「幻の作家」はいかにして復活したか?
価格 2,200円
(本体価格:2,000円)
商品コード 9999210803
発行年月 2021年7月
出版社 言視舎
著作者 成田清文
ページ数 192
ISBN 978-4-86565-206-2

商品を購入する

個数を入力してください  

商品詳細


佐藤泰志をさがして
「幻の作家」はいかにして復活したか?

佐藤泰志は、立松和平や村上春樹と同世代、89年までに芥川賞5回、三島賞にもノミネートされながらも、90年自死。
いつしか忘れられた存在になっていた。ところが2006年、作品集刊行=再デビューとともにブレイク。4作が映画の原作となり高い評価を受ける。この秋にも5作目『草の響き』が公開予定。
復活の過程を追い、なぜ忘れられ、なぜ復活し、なぜいまなお注目されているのかを探る。

※佐藤 泰志(さとう やすし 1949年4月26日 - 1990年10月10日)小説家。
北海道函館市高砂町出身。國學院大學文学部哲学科卒業。

[著者紹介]
1955年7月5日生まれ。青森県立弘前高等学校卒、弘前大学人文学部文学科卒。
県立高校教諭を37年勤め退職、現在、弘前高等学校・柴田学園大学短期大学部・青森大学で非常勤講師を勤める。
教員としての活動と並行して、個人通信の発信(『越境するサル』)とNPO団体での映画自主上映(「harappa映画館」)を続けている。


発 行:言視舎
発行日:2021年7月31日
判 型:四六判

Copyright (C) 青森県図書教育用品株式会社 All Rights Reserved.