古作こぎん刺し収集家・石田昭子の ゆめみるこぎん

古作こぎん刺し収集家・石田昭子の ゆめみるこぎん
価格 2,750円
(本体価格:2,500円)
商品コード 9999191207
発行年月 2019年11月
出版社 グレイルブックス
著作者 石田舞子 編著
ページ数 96
ISBN 978-4-9910936-0-9

商品を購入する

個数を入力してください  

商品詳細


古作こぎん刺し収集家・石田昭子の
ゆめみるこぎん

青森県弘前市岩木地区の古作こぎん刺しの収集家 石田昭子さんの歩みと、所蔵する古作こぎんの写真や解説をまとめました。
編著者は昭子さんの孫の舞子さん。

(はじめに より)
青森県弘前市に住む祖母・石田昭子は、昭和30年代に津軽地方の民家を一軒一軒訪ね歩き、古いこぎん刺しの着物や布を集めました。
収集された古いこぎんは「古作こぎん」と呼ばれるもので、江戸時代から明治時代に作られたものと推定されます。
こぎんの隆盛期と言われる明治20年代に作られたとすると、ざっと130年前のものになります。
藩政時代、弘前藩の厳しい戒律によって、綿を着ることを規制された津軽の農民たちは、麻を着用しました。
寒さ厳しい津軽の地で、農村の女性たちは麻布を織り、布を温かく丈夫にしようと刺しつづるようになりました。
それがいつしか、幾何学模様の得も言われぬ美を生み出しました。それが「こぎん刺し」のルーツです。


発 行:グレイルブックス
発行日:2019年11月30日
判 型:B5判

Copyright (C) 青森県図書教育用品株式会社 All Rights Reserved.