そらとぶこぎん 第3号

そらとぶこぎん 第3号
価格 1,019円
(本体価格:926円)
商品コード 9999190502
発行年月 2019年4月
出版社 津軽書房
ページ数 77
ISBN 978-4-8066-0244-6

商品を購入する

個数を入力してください  

商品詳細


そらとぶこぎん 第3号

青森県西部にある津軽地方の農村に暮らした女性たちはその昔、自家用の麻織物を藍で染め、
保温と補強を高めるために布の織り目を木綿糸などで塞ぐ針仕事をしました。
そこに現れた幾何学模様が「こぎん刺し」と呼ばれています。
刺し子の一種ともいわれますが、針の運びが緯糸に沿ってまっすぐに進む点、多くは奇数で
布目を拾う点によって、基本は単純でありながら、どこにもない独自の技法となっています。
江戸時代に発生し、明治40年ごろに廃れましたが、昭和に入って刺し技法の再興が図られ、
現在は青森を代表する手仕事として全国に知られています。
小誌「そらとぶこぎん」はこぎん刺しの歴史を掘り起こし、現代の刺してさんを訪ね、その
魅力を皆さんにお伝えする読み物です。


発行日:2019年4月25日
発 行:津軽書房

Copyright (C) 青森県図書教育用品株式会社 All Rights Reserved.