人と建物がつむぐ街の記憶

人と建物がつむぐ街の記憶
価格 3,520円
(本体価格:3,200円)
商品コード 9999180306
発行年月 2018年3月
出版社 弘前大学出版会
著作者 高瀬雅弘
ページ数 204頁
ISBN 978-4-907192-60-0

商品を購入する

個数を入力してください  

商品詳細

 人と建物がつむぐ街の記憶
   -山形県鶴岡市を訪ねて(1)-

 作家・藤沢周平がこよなく愛した故郷であり、多くの作品のモチーフともなった、山形県鶴岡市。
城下町の情趣をたたえるこの街には、武士の時代の記憶を伝えるものや、
近代化の過程を映し出すものなど、数多くの歴史的建築が残っています。

そうした建物、そしてそれらにゆかりのある人びとを、同じみちのくの城下町・青森県弘前市の大学生が訪ね、
積み重ねられた想いとそこに息づく物語を集めました。

形あるモノとしての建物と、そこでつむがれてきた人びとの記憶。
往時を偲ばせるふんだんな写真・資料とともに、鶴岡という街のあゆみと魅力を辿ります。

発行日:2018年3月23日
発行社:弘前大学出版会
価 格:3,456円(本体3,200円)

Copyright (C) 青森県図書教育用品株式会社 All Rights Reserved.